中古車購入

【整備士が教える】5年落ちの中古車はお買い得?プロの見解と選び方をわかりやすく解説

投稿日:

気になる中古車が5年落ちで悩み

「5年落ちの中古車ってアリなのかな?」

「5年落ちの中古車はお買い得なのかな?」

「5年落ちの中古車は壊れやすいのかな?」

ときになりませんか?

筆者はこれまで何千台と車の点検・整備を行ってきましたが、5年落ちの中古車の品質は良し悪しが大きく分かれる年式だと感じます。

実際、5年落ちの中古車は中古車市場の中でもコスパの良い中古車として人気があり、販売価格と品質の両面で高いレベルでメリットを見出すことができます

しかし、5年落ちの中古車をどれでも買って良いという訳ではありません。

5年間使用されていたことを考えれば、メンテナンスの行き届いていない中古車を購入してしまうと後々トラブル続きで余計な出費ばかりかさんでしまう可能性が出てきます。

ボディーなど外観で確認できる部分は初心者の方でも確認することができますが、消耗品の交換頻度や車両の状態を客観的に判断するには車のプロの目が必要になります。

例えば、ユーザー車検を活用して法定整備や定期メンテナンスを行わずに5年間過ごしてきた車を実際に整備したことがありますが、消耗品を中心に整備代だけで10万円以上の見積もりになってしまったことがあります。

このように5年落ちの中古車は販売価格の安さが魅力的な反面、品質のレベルが顕著に表れる年式ですので、粗悪な中古車を購入してしまわないよう、今回の記事を通してアドバイスをしていきたいと思います

それでは早速、本題の方へ参りましょう!

Contents

機能面も充実!5年落ち中古車がお買い得な理由は3つ

5年落ちの中古車のメリットと言えば、販売価格と機能性の両面でバランスの取れたコスパの良さが魅力的です。

筆者は整備士時代に何千台もの車を点検・整備してきましたが、正直見た目に関しては車に詳しい方でも新車と5年落ちの中古車の違いに気づく人は少ないのではないでしょうか。

5年と言うと新車から2回目の車検に当たるタイミングですので、定期メンテナンスがきちんと施されていれば初心者の方でも大変リスクの少ない買い物になると言えます。

では具体的に、5年落ち中古車の魅力的な部分を一つずつ解説していきたいと思います。

理由1:人気車種が割安に買える

ロングセラーになっている人気車種であれば、見た目はそのままにマイナーチェンジを繰り返して販売されていることがあります。

新車と変わらないデザインと最新の基本性能を搭載していますので、

  • 「新車は買えないけど最新の技術を搭載した車に乗りたい」
  • 「安く買えるなら多少のキズやへこみは気にしない」

という方には5年落ちの中古車は大変お買い得となります。

理由2:新車並みに綺麗な中古車が多い

5年間で5万キロ以上走行している中古車であれば、年数相応のキズや使用感が出てきますが、週末しか乗らないような方が所有していた中古車は新車と遜色ないほど綺麗な状態で売られています。

発売から5年程度しか経過していない中古車であれば、まだまだ綺麗な状態で売られている確率も高くなりますので、使用感の少ない中古車を狙っている方にはおすすめです。

理由3:新車に劣らない機能面

自動ブレーキや車線逸脱防止支援システムなど、5年落ちであれば最新の技術を搭載した中古車も選択肢に入れることができます。

特に安全性能に関しては近年各メーカー力を入れているため、新車に劣らない機能が魅力的です。

初心者の方でも分かりやすいよう、目玉となり得る機能を何個かご紹介したいと思います。

【おすすめの機能一覧】

名称 機能説明
自動ブレーキ 走行中に前方の車や障害物を自動に感知して衝突に備える機能です。居眠り運転やよそ見運転などでドライバーがブレーキを踏まないと自動的にブレーキが掛かる仕組みになっていますので、搭載している中古車は必見です。
車線逸脱防止支援システム 万が一車が一定の速度以上で車線を逸脱しそうになった場合、警告音や振動で運転手に危険を知らせる機能となります。自動ブレーキと同様に、居眠り運転などによる衝突事故を減らすための安全装置です。
アダプティブ・クルーズ・コントロール 自分の前を走行している車両との車間距離を適正に保つためのシステムです。高速道路での長距離運転や、渋滞時のストップ&ゴーが多いシチュエーションで役立ちます。グリル内部に設置されたセンサーが衝突の可能性を感知すると、強制ブレーキとシートベルトが締まるような仕組みとなっています。
バックモニター ここ最近の車には標準装備になりつつあるバックモニターですが、360°モニター搭載車であれば、死角になりやすい後方の障害物や小さな子供を速やかに感知することができます。狭い駐車場などで絶大な効果のある安全装置と言えるでしょう。
ペダル踏み間違い衝突防止支援機能 ここ最近のニュースでもよく見かける、高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違えを防止するための機能です。

最新の機能は専門的なものが多く、初心者の方には理解しづらい点が多いので、少しでも気になる機能がありましたら販売員に質問してみましょう。

続いては、5年落ち中古車の相場感について解説していきたいと思います。

5年落ち中古車の相場はいくら?傾向を解説

実際に5年落ち中古車の価格がどのように変動していくのか、実際の販売価格を年式別に比較していきたいと思います。

【トヨタ/ヴォクシーの事例紹介】

年式 走行距離 販売価格(総額) 新車価格からの価格変動率
新車 0キロ 300万円 100%
未使用車 5キロ 250万円 80~90%程度
3年落ち 3万キロ 230万円 70~80%程度
5年落ち 5万キロ 200万円 50~70%程度
7年落ち 7万キロ 130万円 40~50%程度
10年落ち 10万キロ 90万円 30~40%程度

※車種により変動率は変わってきます。

今回は中古車市場の中でも人気のあるトヨタのヴォクシーで検証しましたが、不人気車であればさらに値下げ幅が大きくなります。

一部の希少車を除き、概ね一覧表の「価格変動率」で中古車相場は推移いたしますので、後程ご紹介する中古車の探し方と併せてご覧ください。

その際、「年式」と「走行距離」を「1年1万キロ」を基準に設定して探すと中古車市場の相場感が分かりやすくなります

ここからは、5年落ちの中古車でも「とにかく安く買いたい」とお考えの方におすすめの探し方をご紹介します。

とにかく予算を抑えたい方は条件付きで多走行車がお買い得

  • 「新しめの車に乗りたいけど予算はなるべく抑えたい」

そんなわがままなご希望にも条件付きではありますが応えることができます。

その方法は、5年落ちの中古車の中でも、5万キロ以上の走行距離の多い車両に絞って探すことです。

例えば年間2万キロのペースで走行している10万キロ超えの中古車であれば、相場価格より大幅に値下げして販売されていますので狙い目です。

しかし、初心者の方が何も考えずに走行距離の多い中古車を購入してしまうと、購入直後に故障してしまうなどのリスクを背負ってしまう可能性が高くなります。

では実際に多走行車を購入するにあたり、どんな条件が必要になってくるのか解説していきたいと思います。

条件1:自分でメンテナンスができる

日々の日常点検など、車のメンテナンスを定期的に行える方であれば大きなトラブルになる前に異変に気付くことができます。

  • 「自分は整備士ではないから・・・」

と思うかもしれませんが、エンジンオイルの汚れや量をチェックする程度の点検でも十分予防点検として効果を発揮します

実際、車の日常点検は自動車の教習所でも習ったレベルですので、以下の表を参考に自分の車のメンテナンスにトライしてみましょう。

【日常点検項目】

点検項目 確認方法
エンジンオイルの残量 オイルゲージを抜いて確認
ブレーキ液の残量 リザーバータンクを目視確認
冷却水の残量 リザーバータンクを目視確認
バッテリー液の残量 液面を目視確認
タイヤの残溝・亀裂 目視確認(1.6mm未満で使用禁止)
レンズ類の割れ、球切れ ライトを点灯して確認
ブレーキの効き具合 踏みしろと効き具合を確認
パーキングブレーキの引きしろ 引いた状態で車が動かないこと
エンジンの掛かり具合・異音の有無 一発始動でエンジンの異音がしないこと
走行中の異音や状態 異音や異常振動がないこと
メーター内の球切れ、チェックランプの有無 エンジンを始動し、ライトを点灯して確認

参考:日常点検ではどこを見ればよいのでしょうか?|点検|JAFクルマ何でも質問箱

条件2:短期間しか乗らない

  • 「単身赴任中の期間だけ」
  • 「車検前の2年間だけ」
  • 「欲しい車が見つかるまでのつなぎとして」

といったように、期間を限定して乗る場合は走行距離の多い中古車を選択肢に入れることができます。

年間1万キロを切るような低走行車と比べて部品の寿命が短くなるため、タイミングベルトやウォーターポンプといった大掛かりな整備が必要になってくるタイミングが早まってきます。

所有する期間を2年や3年といったように短期間での使用を予め想定していれば、仮に大きな故障がないまま長く乗れたとしたら、「高年式・低価格」のコスパの良い中古車であると言えます。

条件3:乗り換えを前提としている

  • 「独身のうちに色々な車に乗りたい」
  • 「比較的新しい車を定期的に乗り換えたい」
  • 「車検ごとに乗り換えたい」

こんな方々にも5年落ちの多走行車はおすすめです。

初めから乗り換えを前提とすることで、予期せぬ大掛かりな故障となった場合に修理するのではなく、車を乗り換えてしまうことで解決してしまいます。

ただし、筆者は整備士として実際に何千台と点検・整備してきましたが、5年落ちの中古車で廃車になるような故障は事故以外記憶にありませんので、イレギュラーな故障がない限り軽微なメンテナンスのみで2~3年は乗れると考えます。

続いては、5年落ちの外車について解説していきたいと思います。

5年落ちの外車なら大幅なプライスダウンも期待大

5年落ちの中古車であれば、新車価格の半額までプライスダウンした車両も少なくありませんので、割安に高品質な外車に乗れるチャンスと言えます。

なぜ5年落ちの外車がそこまで安く需要と供給のバランスが大きく影響しており、高級車が中古車市場で買い手が付きづらいという影響を受けています。

ただし5年落ちの中古車であれば、直前までメーカーの保証で手厚いメンテナンスを受けていることから、コンディションの高いレベルで維持されている中古車も多く存在します。

さらに認定中古車であれば、その維持された品質を保証していることになりますので、品質の高い外車を探している人からすると大変お得な中古車となります。

参考までに、BMW3シリーズの中古車相場価格をご覧ください。

【BMW320iの販売価格の推移】

経過年数 走行距離 販売価格(総額)
新車 0キロ 530万円
3年落ち 3万キロ 280万円
5年落ち 5万キロ 190万円

続いては、整備士経験豊富な筆者が選ぶ、選りすぐりの5年落ち中古車をご紹介していきたいと思います。

【事例】整備士が選ぶ!おすすめの5年落ち中古車を解説付きでご紹介

ここからは、整備士として数多くの車に触れてきた筆者が選ぶ、おすすめの5年落ち中古車をご紹介していきたいと思います。

国産車、外車問わず、「この車は良い!」と感じた車を紹介いたしますので、中古車選びの参考にしていただけると幸いです。

おすすめ1:BMW/320i

早速ですが、先ほどご紹介したBMW320iを1台目におすすめしたいと思います。

こちらの車両は何と言ってもディーラーの認定中古車で、保証も12ヵ月とロングラン保証となっています。

当然、修復歴はなしで、法定整備込みの価格となっています。

おすすめ2:ホンダ/フィットハイブリッド

老若男女問わず人気のあるホンダのフィットですが、ハイブリッドでありながら120万円と購入しやすい価格設定となっています。

保証も12ヵ月と安心の長期保証で、法定整備も含んだ形での納車となります。

グー認定を受けた優良中古車ですので、初心者の方でも安心して購入することがでる1台です。

おすすめ3:トヨタ/ハリアー

トヨタの人気車種であるハリアーも5年落ちであればお買い求めやすい価格設定で購入可能となります。

こちらの車両はトヨタの認定中古車で、走行無制限の12ヵ月保証付きで法定整備もきちんと行ってから納車する中古車となります。

人気の4WD、カラーリングもブラックで240万円以下は大変お買い得ではないでしょうか。

続いては、5年落ち中古車が向いていない人の特徴をご紹介したいと思います。

5年落ち中古車購入で後悔する人は「新しいもの好きな人」と「安さ重視な人」

結論から申し上げますと、より新車に近い新古車が欲しい方や、とにかく費用を抑えたい安さ重視な人からすると、5年落ちの中古車は良くも悪くも中途半端な存在になってしまいます。

実際に筆者が初めて購入した中古車は品質の高い低走行な中古車でしたが、2年サイクルで乗り換えていたことを考えると格安中古車でも十分であったと感じます。

格安中古車を初めから視野に入れておけば、もっと色々な車に乗れていたかと思うと悔やまれます。

このように目的や使用用途に応じて「新古車」や「格安中古車」も視野に入れて中古車探しを進めていく必要がありますので、使用用途と年式のバランスを考えて検討しましょう。

次に、5年落ちの中古車に必要なメンテナンスを整備士目線で解説していきたいと思います。

5年落ち中古車に必要なメンテナンスと今後かかる費用

使用用途さえ間違えなければ、5年落ちの中古車は大変お得な車だと言えますが、どのような部分が今後壊れてきそうか把握しておくことで予期せぬ出費に備えることができます

ここでは、「1年・1万キロ」の標準的な使い方を例に、想定されるメンテナンス箇所と概算の費用をご紹介していきたいと思います。

【5年落ち中古車のメンテナンス費用】※5年落ち、5万キロ走行を想定

部品名 費用 説明
ファンベルト 8,000円~12,000円 エアコン、パワーステアリングなどに使用しているベルトが劣化によりキュルキュルと異音を発生させていたら交換のサイン。
エアクリーナー 4,000円~9,000円 エンジン内部にゴミが入らないようにするためのフィルターですので、定期的な清掃・交換が必要。
ブレーキパッド 10,000円~20,000円 ブレーキを踏むたびにキーキー音がしていたら早めの交換が必要。
ATF 8,000円~30,000円 オートマチックトランスミッションのオイルで、シフト(変則)ショックを感じたら要交換。
LLC(冷却水) 5,000円~10,000円 リザーバータンクの残量がLowまで下がっていたり、汚れていたら交換しましょう。
バッテリー 5,000円~30,000円 エンジンの掛かりが悪いときは電圧が下がってきている可能性があるので交換しましょう。
各種ブーツ類(ゴム関連) 3,000円~10,000円 劣化による亀裂・破れにより内部のグリスが周囲に飛散してしまいます。車検に通らなくなりますので、オイル交換の際にチェックしてもらいましょう。
各種スイッチ類 5,000円~20,000円 自動スライドドア、パワーウィンドウスイッチなど、頻繁に使用するスイッチ類の劣化が進んでいる可能性があります。うまく操作できない場合はすぐに整備工場に点検してもらいましょう。
タイヤ 9,000円~100,000円(4本の場合) 摩耗・亀裂が多い場合や、残溝が1.6mmを下回りそうな場合は要交換です。安全を考えると理想は新品の5部山(4mm程度)以上となります。

※部品代+工賃で試算。

続きまして、中古車の品質にこだわりたい方におすすめする購入方法をご紹介します。

品質も気になるなら保証を手厚くしておこう

  • 「保証が充実していないと心配」
  • 「もしものときに備えておきたい」

という方は、保証内容が充実した中古車を中心に車選びを進めましょう。

筆者がおすすめする保証期間の目安として、

  • 「走行距離無制限・6ヵ月以上」

の保証期間であれば、整備士としての経験上、安心して乗ることができると考えます。

機械物である以上、納車前点検をしていても半年の間に初期不良が起こってしまうことが多々あります

特に長期間在庫していた中古車であれば、いきなり乗り回されることで納車前点検で気づけなかった部品の劣化などから故障が発生してしまいます。

発売から5年以上経過している中古車は様々な消耗品が経年劣化してくる時期となりますので、長期保証で不測の事態に備えましょう。

一例として、

  • 「ファンベルトの消耗で異音が発生する」
  • 「ドライブシャフトブーツが切れて内部のグリスがホイールに飛散している」
  • 「各種ボルト類に緩みが発生し、部品にガタが発生してしまう」

などがありますので、万が一の事態にも保証があれば無償で修理・交換してくれますので安心です。

続きまして、品質重視の方におすすめの中古車探しを解説していきます。

【品質重視】10年乗るならディーラーの認定中古車が安心・安全

ここまでの説明で、

  • 「良質な5年落ち中古車でも不安が残る」

と感じた方は、メーカーの保証が手厚い認定中古車を強くおすすめします。

メーカー系列ならではの安心と信頼感のあるアフターサービスはもちろん、メーカーに特化した専門知識を持った整備士が常に在籍しているため、きめ細かな対応が期待できます。

また、ディーラーで販売したメンテナンスの行き届いた良質な中古車を下取り車として扱っているため、他の中古車販売店より高品質な中古車を取り揃えているという魅力があります。

  • 「長期間乗る予定がある」
  • 「割高でも絶対的な安心感を得たい」
  • 「アフターサービスまですべて車のプロにお願いしたい」

そんな方々にはディーラーの認定中古車がおすすめとなります。

今回は国産メーカーの中でも高品質中古車を多く取り揃えている、トヨタ、ニッサン、ホンダの保証サービスをご紹介していきたいと思います。

トヨタ

トヨタのディーラーで購入した中古車には、「ロングラン保証」という走行距離無制限の1年保証が初めから付帯しています。

これはトヨタ車の品質に絶対的な自信があることが伺える保証サービスと言えるでしょう。

さらにロングラン保証では、全国約5,000ヶ所のトヨタの販売店で保証修理を受けることができますので、引っ越しや単身赴任の際も安心して乗り続けることができます。

保証対象部品は約60項目、5,000部品となっていますので、エンジンやブレーキ機構といった主要部品だけでなく、エアコンやカーナビといった快適装備も保証の対象となります。

参考:トヨタの中古車の保証

ニッサン

ニッサンではディーラーで購入したすべての中古車に、1年間・走行距離無制限の「ワイド保証(無料)」が付いています。

さらにプレミアム認定中古車の場合は、2年間無料の長期保証が付帯する手厚い安心サービスとなっています。

保証対象部品は油脂類などの消耗品を除く、エンジン、トランスミッション、ブレーキ機構など、数多くの部品が対象となっております。

全国に2,000ヶ所以上あるニッサンのサービス工場で点検・修理を受けることができますので、出張先や旅先でも万全なサポート体制となっているのです。

有料のワイドプレミアム保証では、さらに延長して保証サービスを受けたい方のために最長2年の追加サービスも用意しています。

参考:日産の中古車の保証

ホンダ

ホンダが運営するホンダオートテラスでは、正規ディーラーで取引された中古車を取り扱っていますので、高品質中古車を「認定中古車」として販売しております。

販売している中古車の品質に自信があるからこその、1年間・走行距離無制限の「ホッと保証(無料)」を全車に提供しているのです。

対象部品はエンジン、トランスミッション、ステアリング機構など、「走る」「止まる」「曲がる」という走行性能に必要な部品を網羅しています。

仮に旅行先で故障などに遭遇してしまった場合でも、全国の正規販売店で修理の対応が可能となりますので、安心してドライブすることができます。

さらに安心をプラスしたい方には、「ホッと保証プラス(有料)」に加入することで最長5年の保証サービスを受けることができます。

参考:ホンダの中古車の保証

続いては、ご自身で5年落ち中古車の相場を調べられる方に、中古車検索サイトの使い方をご紹介したいと思います。

5年落ち中古車の相場を調べるには中古車検索サイトが便利で簡単

今回は中古車検索サイト最大手のカーセンサーとグーネットを参考に、実際に5年落ちの中古車を探してみたいと思います。

今の時代、パソコンだけでなく、お手持ちのスマホでも気軽に検索することができますので、忙しい方でもすき間時間を利用して検索することができます。

ではグーネットから使い方のご説明をいたします。

グーネット

まずはトップページからお目当ての車のメーカーを選びます。

続いては、車種を選択しましょう。

詳細検索で「走行距離」を5万キロに設定します。

5万キロの中古車に絞って検索することができます。

次にカーセンサーでの検索方法を解説します。

カーセンサー

まずはトップページから「メーカー車名」を選択します。

ここでメーカーを選択します。

車種を選択します。

詳細検索で走行距離を5万キロに設定します。

全国の5万キロのプリウスを検索することができました。

続いては、自分で中古車探しをするのが難しいとお悩みの方におすすめな探し方をご紹介します。

【初心者向け】自分で探せない方は中古車の提案サービスがおすすめ

  • 「中古車の探し方が分からない」
  • 「記載事項が専門的で理解できない」
  • 「一緒に中古車探しをしてくれるパートナーが欲しい」

といった方々は、手取り足取り中古車探しをお手伝いしてくれる、中古車の提案サービスがおすすめです。

初心者の方が予備知識のないまま一人で中古車探しを進めてしまうと、自分に最適な中古車に巡り合う確率が下がってしまいます

特に悪質な販売店に当たってしまった場合、粗悪な中古車を売りつけられてしまう可能性が非常に高くなります。

実際に筆者の周りでも

  • 「事故車を売りつけられた」
  • 「欲しくもない中古車を押し売りされた」
  • 「購入直後に故障が多発した」

などなど、販売店選びに失敗してしまうとトラブルに巻き込まれてしまうことが少なくありません。

中古車の提案サービスであれば、担当者と予算や希望条件を事前にヒアリングするため、希望に沿った形で中古車探しを進めていきます。

もちろん、希望する条件がなければ無理して購入する必要もありませんので、初心者の方でも安心して利用することができます

今回は、筆者が特におすすめしたい提案サービスを3つご紹介したいと思います。

ガリバー

中古車業界で最大級在庫量を誇るガリバーであれば、お目当ての中古車もすぐに見つかります。

ガリバーの年間買取り台数は10万台にも及び、1日にすると500台のペースで入庫している計算になります。

手厚いアフターサービスにも定評があり、初心者の方も嬉しい、契約後も安心の最長10年の保証サービス(有償)や車の返品サービスも行っていますので、不測の事態にも万全の保証体制となっています。

>ガリバーの非公開車両を提案してもらう

クルマコネクト

クルマコネクトは中古車業界最大手のガリバーが運営する、独自のチャットツールを使用した中古車購入のオンラインサービスとなります。

クルマコネクトの特徴と言えば、最新のAIロボットを駆使したサービスで、専任のアドバイザーと連携して車に関わる悩みを解決してくれる画期的なサービスとなっています。

車の知識がない方でもチャット感覚で気軽にアドバイザーに相談できますので、手取り足取り手厚いサービスを受けることができます。

>クルマコネクトでオンライン相談する

ズバット車販売

中古車探しの方法はとてもシンプルで、欲しい車の条件をズバット車販売のWebサイトに入力して送信するだけの簡単検索となります。

入力後は最短数分で担当者から折り返しのご連絡がきますので、すぐに車が欲しいという方には大変便利なサービスと言えるでしょう。

さらにズバット車販売はガリバーと提携していますので、ガリバー同様に最長10年の保証サービス(有償)や車の返品サービスを利用することができるというメリットもあります。

>ズバット車販売に相談する

まとめ

今回の記事では5年落ちの中古車にフォーカスして特集してきました。

  • 「新車から5年経った中古車ってどうなんだろう?」
  • 「結局のところお買い得なのかな?」
  • 「維持費の面で損をするのかな?」

という疑問にお応えしてきましたが、買い方さえ間違えなければ大変コスパの良い中古車なのが5年落ちのメリットなのです。

新車から5年経過しているため、品質の良し悪しが顕著に分かってしまう年式なため、何も考えずに購入を決めてしまうと次から次へと交換部品が増え、維持費の面で損をしてしまいます

筆者の友人も程度の悪い5年落ちのアメ車を購入し、毎月必ず一ヵ所は壊れるという災難に見舞われました。

そのような失敗を目にしてきましたので、今回の記事を読んでくださった方々には選りすぐりの1台に巡り合えるよう切に願いたいと思います。

この記事を書いた人

著者

監修者
moto

編集&ライターのmotoです。
車が大好きで、車いじりが趣味です。
国家資格の自動車整備士も取得し町工場で腕を磨いてきました。
コンクールでも3位に入賞した実績があります。
初心者が難しいのは中古車選びだと思います。
安心・安全・お得な中古車選びができるように確実な情報を発信していきます。
詳細はこちら

-中古車購入

Copyright© 中古車費用・車検費用オフ , 2020 All Rights Reserved.