中古車購入

【非公開車両はハズレもある】整備士がメリットとデメリットとを忖度なしで解説

投稿日:

皆さんは中古車の「非公開車両」と聞いて、どんなことをイメージしますでしょうか?

  • 「世間に流通していないお買い得な中古車がありそう」
  • 「相場より安い中古車がありそう」
  • 「新車に近い中古車がたくさんありそう」

などなど、非公開車両に対して少なからず良いイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか?

車業界で働いていた筆者の感覚としては、「半分アタリで半分ハズレ」といった印象を受けます。

実はすべての非公開車両が決して良い中古車であるとは限りません

  • 「キズ・へこみだらけの中古車」
  • 「走行距離が10万kmを超えている中古車」
  • 「最低限の法定整備しか受けていない中古車」

このような中古車を販売店が下取りした場合、店頭もしくはインターネット上に掲載しなければ、これらも非公開車両になるのです。

もし「非公開車両=良い中古車」という考えのまま中古車探しを進めてしまうと、納車直後に故障したり、最悪の場合、廃車になるほどのトラブルに見舞われてしまう恐れがあるのです。

筆者の整備士経験からすると、非公開車両であってもなくても、

  • 「信頼のできる販売店であること」
  • 「納車前にきちんと法定整備を行うこと」

が中古車を購入する上での重要なポイントになってきます。

この記事を最後まで読んでいただければ、お買い得な中古車をゲットできるようになるでしょう。

今回の記事では、皆さんが気になる中古車の「非公開車両は購入すべきか?」について解説をしていきたいと思います

では早速本題へいきましょう!

非公開車両はお買い得!ただし良い車だけとは限らない

冒頭でも触れましたが、「非公開車両=良い中古車」という訳ではありません。

ハズレも混ざってきます。

確かにお買い得車両を市場に出てしまう前に購入できるメリットはありますが、すべてが高品質車両であるとは限りません

まずは、

  • 「非公開車両って一体どういう車なのか?」
  • 「どのようにして非公開車両が生まれるのか?」

をご説明したいと思います。

非公開車両とは?

非公開車両がどんな車かと言うのを簡単に説明しますと、

  • 「中古車を仕入れて販売するまでの期間にある車」

ということになります。

まだ店頭に並んでいなかったり、インターネットで検索しても出てこない中古車のことを言います。

当然、車種や年式、走行距離などで販売価格は変動してきますが、一般的な相場よりも1~2割ほど安く手に入るのが非公開車両のメリットになります。

ただし、先ほども触れたように決して「非公開車両=良い中古車」という訳ではありません。

また、非公開車両である特別な理由がある訳でもないのです。

参考:非公開車両があるのはなぜ?中古車購入のヒント

では、なぜ非公開車両が存在するのでしょうか?大きく分けると以下の3つになります。

理由1:公開が追い付いていない

1日に何百台と入庫している全国区の中古車販売店の場合、webなどの広告媒体に掲載が追い付いていないことがあります。

公開しきれない中古車というのも当然非公開車両として扱われるのです。

理由2:公開しなくても売れてしまう

人気車種というのは掲載する間もなく売れてしまうことがあります。

非公開車両の提案サービスを行っている店舗であれば、希望条件を事前にヒアリング済の顧客へおすすめすることになります。

個人経営の小さな中古車販売店であっても、事前に欲しい車の条件を把握していれば優先して顧客に提案することになるのです。

  • 「程度の良いアルファードが入りました」
  • 「下取りで走行距離の少ないN-BOXが入りました」

など、販売店も公開しなくても売ることができてしまうのです。

理由3:そもそも公開していない

地元に昔からある整備工場や中古車販売店に多いのですが、Webに詳しくない場合もインターネット上に車両情報は公開されません。

自社のホームページすらない中古車販売店は全国各地に数多くありますので、このようなケースも非公開車両と言えるでしょう。

非公開車両がどんな車かご理解いただいたところで、実際のところ非公開車両はありなのか?について解説をしていきたいと思います。

非公開車両は「あり?」or「なし?」初心者には良い車と悪い車の見分けは難しい!

ここからは、非公開車両を購入する上での条件を「あり・なし」形式で解説したいと思います。

非公開車両は中古車販売店などと違い、直接中古車を見たり触れたりできないという難点があります。

現物を見ないまま「良い車」「悪い車」を判断して購入するというのは、プロでも難しいことですので、次の項を参考に、ご自身の中で購入条件を洗い出してみましょう。

年間500台の法定整備を行ってきた筆者の目線で、非公開車両の「ありorなし」を分析していきます。

まずは「あり」の条件をご紹介します。

非公開車両が「あり」な条件は3個

非公開車両はまだ世の中に流通していない中古車ですので、良い中古車は「早い者勝ち」となります

人気車種であればあるほど需要は高まりますので、競争率が高くなります。

それを踏まえて「あり」な条件をご紹介します。

①気長に待てる

非公開車両の中からすぐにお目当ての中古車が見つかれば良いのですが、希望の条件が多い場合などは時間が掛かる可能性があります

非公開車両は

  • 「特に急いでいない」
  • 「見つかり次第購入できれば良い」

という方々におすすめの探し方となります。

②強いこだわりがない

街中でよく見かけるような車種であったり、白や黒といった定番のボディーカラーであれば非公開車両の中からも探しやすくなります。

  • 「4人家族で使いたい」
  • 「スライドドアのミニバンが欲しい」
  • 「ボディーカラーはなんでも良い」

このくらいの条件であれば非公開車両でも流通量が多いので選択肢が広がります。

③中古車のプロにすべて任せたい

  • 「中古車探しはよく分からない」
  • 「中古車探しのプロにすべてお願いしたい」

このような方々にもおすすめです。

希望予算やボディータイプなど、あらかじめ希望条件を販売店に伝えておくことで、希望条件に沿った形で中古車探しをしてくれます。

続いては、「なし」の条件をご覧ください。

非公開車両が「なし」な条件は3個

世の中にまだ出回っていない中古車ですので、当然現物を確認して購入することができなくなります

実車の外装や内装、エンジンなど隅々まで自分の目で確かめられない分、車両情報には掲載されていない細かなキズや不具合を目にすることになります。

下記の項目に当てはまる方は非公開車両をあまりおすすめできませんので、ご自身の意向と照らし合わせながらご確認ください。

①すぐに車が必要

  • 「すぐにでも車が使いたい」
  • 「仕事で車が必要になった」

といったように、短期間での中古車購入をお考えの方には向きません。

非公開車両の特性上、希望の車が見つかってから取り寄せて現車確認という流れになりますので、店頭販売より時間が掛かってしまいます

「乗れれば何でもよい」という方は別ですが、そうなるとあえて非公開車両から中古車を探す必要がなくなります。

②こだわりが強い

  • 「珍しい車種」
  • 「流通量の少ないボディーカラー」
  • 「年代物の低走行車」

など、希望する条件にこだわりが強い場合は非公開車両の中から探し出すことが困難になります。

他にも、クラシックカーやスポーツカーなど特殊な車は探しづらいジャンルになります

③実車を見て判断したい

  • 「実車をくまなく見ないと気が済まない」
  • 「些細なことでも不具合が見つかるのは嫌だ」
  • 「試乗してみたい」

こんな方々も非公開車両での中古車探しは向かないと言えます。

グーネットやカーセンサーなどに掲載されている中古車は、車両の整備状況や不具合箇所など、基本的な情報が初めから掲載されていますが、非公開車両は限られた情報量で判断する必要があります

どうしても実車を見ないと不安という方は、世間相場の予算で購入できる中古車販売店で探しましょう。

次に、非公開車両の探し方について解説いたします。

非公開車両を探すなら専門知識のあるプロに頼もう

直に現物を見ることができない非公開車両だからこそ、車のことを熟知したプロに車探しをお願いする必要があります。

実際に中古車を扱ってきた筆者からすると、実物でさえ中古車の良し悪しを判断することは至難の業です。

なぜなら、新車登録時から売却(下取り)に出すまでのユーザーのメンテナンス状況、および取り扱い方を知るすべがあまりにも少ないからです。

非公開車両を購入したものの、

  • 「購入直後にエンジンが止まった」
  • 「メンテナンス不良により定期交換部品の対応に追われた」
  • 「相場より安いが程度が悪かった」

など、契約後に後悔の連続にならないよう、初心者が自己判断で購入するのは避けるほうがベターと言えるでしょう

ここからは非公開車両の探し方をご紹介いたします。

非公開車両の探し方は「提案サービス」の活用が断然おすすめ

非公開車両の中からお得な中古車を購入したいという方は、非公開車両に特化した提案サービスを活用しましょう。

ここまでの解説でご理解いただけたかと思いますが、非公開車両を吟味する上で「中古車のプロの目」が必要不可欠です

筆者もこれまでに何十台と知人や友人の中古車探しのお手伝いをしてきましたが、

  • 「見た目は綺麗だがエンジンの調子が悪い」
  • 「世間相場より高く設定されている」
  • 「程度が良くないのに強気の価格設定」

など、中古車販売店の中には相手が初心者だと分かると足元を見られてしまうことがあります。

そうならないためにも安心しておまかせできるサービスの提案が重要になってきます。

筆者がおすすめできるサービスは次の3つです。

提案サービス1:ガリバー

中古車販売の最大手であるガリバーでも非公開車両を多数扱っております。

ガリバーの年間買取り台数は10万台、1日にすると500台のペースで入庫しているため、すべての車両を掲載することができません。

そのため掲載しきれていない中古車を「非公開車両」として提供しているのです

非公開車両の探し方は簡単で、

  • 「車種」
  • 「走行距離」
  • 「予算」

といった希望条件を事前に伝えておくだけでOKです。

在庫、もしくは希望条件に合致した車が入庫次第連絡してくれます。

ガリバーでは、契約後も安心の最長10年の保証サービス(有償)や、返品サービスも行っていますのでアフターサービスにも定評があります

これらのサービスは圧倒的な入庫数であるからこそ実現する販売形態だといえるでしょう。

>ガリバーの非公開車両ご提案サービスはこちら

提案サービス2:ズバット

ズバットなら中古車販売店をはしごしたり、インターネットで欲しい車を探し回る必要がありません。

希望する条件をズバット車販売Webサイトに入力して送信するだけです。

最短数分で担当者から折り返しのご連絡がきますので、すぐに車が欲しいという方も安心して利用することができます。

毎日入庫する中古車の中から、市場でお目に掛かることのできないお買い得な非公開車両に出会える可能性がありますので、一見の価値ありです。

  • 「車のことは詳しくない」
  • 「どんな車を買えば良いのか分からない」

こんな悩みの方は、是非中古車探しのプロにお願いしましょう。

>ズバットの中古車お探しサービスはこちら

提案サービス3:なびくる+

なびくる+は中古車業界最大手のガリバーと提携しているため、圧倒的な入庫数と安心のアフターサービスに定評があります。

また、非公開車両であっても提携するガリバーの店舗で実際に中古車を見てから契約することができますので、納得した上で購入することができるのです。

中古車の探し方は簡単で、担当のスタッフと希望する条件をヒアリングした後、厳選した中古車を紹介してくれます。

納得のいく車が見つかるまで提案してくれますので、心強い中古車探しのパートナーと言えるでしょう。

  • 「市場に出回っていない良質の中古車が欲しい」
  • 「どんな車を買えば良いのか悩んでいる」
  • 「保証制度が充実した中古車が欲しい」

という方になびくる+はおすすめです。

>なびくる+の中古車のお探しサービスはこちら

最後に、非公開車両が見つからなかったときの中古車の探し方をご紹介して締めくくりたいと思います。

非公開車両で欲しい車が見つからないときの探し方

  • 「どうしても非公開車両の中から欲しい車が見つからない」
  • 「期日orすぐにでも車が必要」

上記に当てはまる方は、一般的な方法で中古車探しを進めましょう。

その際、やみくもに中古車販売店を探し回るのではなく、インターネットの中古車検索サイトをうまく活用して効率よく探しましょう。

なお、非公開車両は上述したとおり「買わない方が良い中古車」も多数あります。

目利きが必要となってきますので提案サービスを利用しないのであれば信頼できるショップで相談することをおすすめします

グーネットの場合

まずは希望するメーカーを選択しましょう。

続いては欲しい車を選択します。

全国から探し出すか、お住まいの都道府県で探すかを選ぶことができます。

ご希望の「価格帯」「ボディーカラー」「走行距離」など細かな条件を絞り込むことができます。

>グーネットはこちら

カーセンサーの場合

グーネットと同様にメーカーから絞り込みを行いますが、その他にも「地域」「価格」から絞り込んでいくこともできます。

欲しい車を選択します。

車探しを行う地域を選びます。

細かい条件はここで入力していきます。

>カーセンサーはこちら

このように初心者の方でも簡単に希望条件を絞り込んでいけますので、欲しい中古車がどこの店舗で販売しているかが分かります。

細かな情報や、実際に見てみたい場合は販売店へ気軽に連絡してみましょう。

まとめ

今回の記事を通して非公開車両の特徴や探し方をご理解いただけましたでしょうか?

非公開車両の提案サービスを活用することで、市場に出回らないお得な中古車を購入することができるだけでなく、中古車探しのプロが一からご要望に合わせた車を見つけ出してくれます

「中古車探しは何から始めれば良いのか分からない」といった初心者の方にも非公開車両はおすすめですので、うまく提案サービスを活用して良質な中古車に巡り合えることを切に願います。

-中古車購入

Copyright© 車検費用オフ , 2019 All Rights Reserved.