中古車購入

【整備士が教える】10万キロの中古車で失敗しない条件・選び方と故障への対策

投稿日:

中古車の走行距離が10万キロを超えていると

「10万キロ走った中古車はありなの?」

「故障ってするのかな?どんな点に気をつけたらいいのだろう?」

「どれくらいの期間利用できるのかな?」

と気になりませんか?

日本の中古車市場では10万キロが一つの節目と考えられていますが、車検制度のない海外では更に20万キロ〜30万キロと乗り続けることが珍しくありません

日本国内でもタクシーや運送業など、毎日走らせている車は10万キロを優に超えてきますので、日々のメンテナンスが長く乗り続けるポイントになってきます。

筆者は整備士として5000台以上の車を整備してきました。

実際に10万キロの中古車を所有したことありますが大きな故障はありませんでした。

必要なタイミングにエンジンオイルやブレーキパッドといった消耗品を交換するだけで、寿命を伸ばすことができます

反面、メンテナンスに無頓着な友人は、タイヤのワイヤーが出てしまうまで乗り続けてバーストし、事故を起こしていました。

エンジンオイルを1度も交換しないでエンジンをオーバーヒートさせていた友人もいます。

結局のところ低走行車であっても、10万キロの中古車であっても、細かなメンテナンスを疎かにすると最終的に大掛かりな修理費用が発生してしまうということです。

この記事では重要な整備のポイントについても解説してきます。

安く安心して中古車を手に入れたい方は必ず最後までチェックしてください。

Contents

10万キロの中古車を買っても良い条件とは?答えは「定期メンテナンスが施されている車」

10万キロの中古車と言えば、何と言っても相場より安く買えるというメリットが挙げられます。

しかし、走行距離が多い分、低走行の中古車より慎重に車選びを行う必要があります。

近年の車は一昔前の車と違い、壊れにくく、長寿命化が進んでいるとはいえ、10万キロもの距離を走行している中古車は日々のメンテナンスが行き届いているということが絶対条件となってきます。

ここからは、走行距離が10万キロを超える中古車購入を検討する際の注意点について解説していきたいと思います。

点検整備記録簿に整備記録が残っていることが絶対条件

10万キロの中古車を見定める際、点検整備記録簿の有無が必要不可欠になってきます。

新車時から10万キロに至るまで、どんな扱われ方をしてきたか見た目で判断することは中古車のプロでも至難の業となりますので、点検整備記録簿に法定整備などの定期点検が周期的に記録されているかが重要な判断材料になってきます。

12ヵ月点検、24ヵ月点検(車検)時に消耗品を交換・修理されているかがメンテナンス記録として記載されていますので、購入前に必ず確認しておきましょう。

筆者の整備士経験上、点検整備記録簿は販売店側も10万キロの中古車を販売する際のアピールポイントとなりますので、快く対応してくれる場合はより安心して購入することができます。

反面、点検整備記録簿を出し渋ったり、紛失してしまっている場合はリスクが大きいので絶対に避けましょう

では実際にどんな中古車を選べばハズレを引かずに済むのか?について解説をしていきたいと思います。

初心者がハズレを引かない中古車の特徴は2つ!

お買い得な10万キロの中古車を探す際、やみくもに販売店を走り回るのは効率が悪いだけでなく、ハズレの中古車を買わされてしまう可能性があります。

悪質な中古車販売店に置いてある10万キロの格安中古車はメンテナンスの行き届いていない低品質のものが多く、購入直後に廃車なんて話も実際にあります

筆者の経験上、見た目だけを綺麗にしているケースが多く見られますので、初心者の方でも定期的なメンテナンスが行われている中古車を判断する方法を2つご紹介します。

ワンオーナー車

中古車販売店や中古車検索サイトで車探しをする際、「ワンオーナー車」という言葉を目にすることがあります。

これはその名の通り、新車購入時から1人のオーナーが所有してきたことを意味しますので、初めて中古車市場に出回った車のことを指します。

複数のオーナーが所有していない分、定期的なメンテナンスが継続されている可能性が高く、丁寧に扱われている中古車が多いのが特徴的です。

10万キロの中古車を選ぶ際の1つの指標として覚えておきましょう。

当然、ワンオーナーであっても点検整備記録簿が残っていることが大前提ですので忘れずにチェックしておきましょう。

法人の車

こちらもワンオーナーの場合がほとんどですが、法人(会社名義)が所有していた中古車はより一層きめ細やかなメンテナンスが期待できます

会社で管理している分、ディーラーなどに日々のメンテナンスを全面的に任せていることが多く、10万キロでも極上車と言われるものも少なくありません。

特に社長などの役員を送迎するために使われていた車などは、ボディーの手入れも行き届いているので新車と遜色ないような中古車も存在します

筆者も実際に10万キロ、20万キロ走っている法人の車を整備していましたが、消耗品の定期交換など予防整備が万全なため、常に新車のような最適な状態を保っていました。

高級車を狙っている方に特におすすめの選び方です。

続いては、実際に10万キロの中古車選びに失敗した事例をご紹介いたします。

【事例紹介】程度の悪い10万キロの中古車を購入した末路

筆者が実際に経験した自動車整備士の専門学校時代の話になります。

友人が気になる車があるとのことで検討していたのが、当時流行っていた10万キロ台のニッサンのセドリックです。

格安車を揃えた怪しい中古車販売店で、担当した販売員も

  • 「綺麗だしかっこいいよ」
  • 「こんな安いセドリックないよ」
  • 「すぐなくなっちゃうよ」

などと、見た目のことだけをアピールして半ば押し売りのような営業で買わされてしまいました。

蓋を開けてみれば点検整備記録簿にはメンテナンス記録がほとんどなく、複数のオーナーが乗り継ぎ、手入れも行き届いていないため購入直後からオイル漏れやタイヤ交換などの高額な修理が発生してしまいました。

当然、学生には高すぎる修理費となってしまったため、早々に手放してしまいました。

このようにハズレの中古車をつかまされないためにも、慎重すぎるくらいの気持ちで中古車選びを行いましょう

ここからは筆者が選ぶ、おすすめ中古車をご紹介したいと思います。

【特選】整備士がおすすめする10万キロ中古車3選

中古車検索サイトでは、自分の探したい条件を検索することで全国各地の中古車から簡単に絞り込むことができます

今回は10万キロの中古車ということで、走行距離の範囲を指定することと、先ほどご紹介した

  • 「ワンオーナー」
  • 「法人」

などの用語も忘れずにチェックしておきましょう。

例1:トヨタ/プリウス

老若男女問わず人気のプリウスですが、精密なハイブリッドシステムやバッテリーを搭載しているため、日々のメンテナンスが行き届いていることが重要になってきます。

この中古車は9年間で10万キロ走行していますので、1年1万キロと考えると妥当な走行距離と言えるでしょう。

ハイブリッドカーに乗ったことのない人でも気軽に手を出しやすい1台となっております。

例2:トヨタ/センチュリー

新車価格が1,000万円クラスの高級車ですので、装備している部品も総じて高額になってきます。

法人車両であればきめ細かなメンテナンスが行き届いておりますので、まだまだ安心して乗り続けることが期待できると考えます。

当然のことながら修復歴なしというのもおすすめできるポイントになります。

例3:ダイハツ/ハイゼット

配送業務や農作業などにとてもおすすめなハイゼットですが、タイミングチェーンということもありベルトより寿命が長く、まだまだ現役で走ることができます

車検整備付きでこの値段は大変お買い得です。

※タイミングチェーン・・・ベルトに比べて耐久性が大幅に向上し、30万キロまで使用できるとされています。

続いては、10万キロの中古車のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

相場で比較!10万キロの中古車のメリットとデメリットを徹底分析

実際問題10万キロの中古車がどれだけお買い得なのか、また、どのような点に気を付けるべきかをより具体的に解説していきたいと思います。

まずは10万キロの中古車と低走行車の比較表をご覧ください。

【相場比較】

車種 1万キロ 5万キロ 10万キロ
プリウス(トヨタ) 199万円 124万円 88万円
N-BOX(ホンダ) 117.8万円 99万円 63万円
ランドクルーザープラド(トヨタ) 419.9万円 283.1万円 124万円

※2019年11月時点のグーネットに掲載されている中古車データを使用。相場は車両本体価格で算出。

同じ車種や条件であれば、距離が伸びれば伸びるほど販売価格は安くなります

10万キロの大台を突破すると途端に値下がりする傾向にあります。

では早速メリットからご紹介します。

メリット1:販売価格が安い

10万キロの中古車を購入する上での一番のメリットは、なんと言っても販売価格の安さとなります。

特に高年式の10万キロ走行車は割安感が大きく、お買い得に現行に近いモデルの中古車を購入することが可能になります。

上記の表の通り、1万キロの中古車と比較して相場は約55万円~300万円の価格差が生まれてきます。

新車価格が高ければ高いほどその価格差は大きくなるのです。

また、発売から10年以内の中古車であればまだまだ安心して現役で走り続けることができますので、継続的なメンテナンスを行えば15万キロ、20万キロも夢じゃありません。

続いては、デメリットについて解説いたします。

デメリット1:大きな故障をする可能性がある

10万キロもの距離を走行していますので、それだけ車に対して負荷が掛かっています

定期メンテナンスでは補いきれない大掛かりな故障というのもその一つです。

例えば10万キロで交換する代表的な部品としてタイミングベルトがあります。

他にはエンジンの振動を緩和するエンジンマウントなどの劣化が気になってくるタイミングですので、致命的な故障をしてしまう前に予防整備を行いましょう。

後述する「整備士からの注意!10万キロで想定される故障箇所と対策」で10万キロで気になってくる故障部品の一例と対策を解説いたしますので、参考までにご覧ください。

デメリット2:リセールバリューが低い

すでに販売価格の安い10万キロの中古車は、乗り換えの際の下取り価格も大幅に低くなります。

余程需要のある中古車でもない限り、10万キロの中古車は買取価格が0円というのが大半を占めます

もし乗り換え時の頭金に充てたいとお考えの方は、リセールバリューの高い中古車を検討するか、高年式の中古車を購入する必要がでてきます。

参考までに買取価格の世間相場を掲載いたしますのでご覧ください。

【買取相場比較】

車種 1万キロ 5万キロ 10万キロ
プリウス(トヨタ) 170~180万円 160~170万円 100~120万円
デミオ(マツダ) 80~90万円 70~80万円 30~40万円
N-BOX(ホンダ) 90~100万円 60~70万円 30~40万円

車選び.comの2019年11月時点のデータを使用。年式は2016~2017年のモデルを参考。

続いては、10万キロ中古車の弱点と対策について解説していきます。

整備士からの注意!10万キロで想定される故障箇所と対策

10万キロの中古車を選ぶ上で気を付けたいのが、10万キロという節目を迎えたときの故障対策が打たれているかどうかになります。

もし、メンテナンスの行き届いていない10万キロの中古車を購入してしまった場合、次から次へと消耗品から壊れてきます。

車は劣化のしやすい樹脂パーツやゴム関係、錆びやすい鉄を多く使用していますので、日々のメンテナンスや手入れが重要になってくるのです。

下記に10万キロの中古車で特に気を付けたい部品をまとめましたので、中古車選びの参考にしてみてください。

【故障部品リスト例】

部品名 役割 想定される不具合
タイミングベルト エンジンの吸排気のタイミングをコントロールする。 ベルトが切れると燃焼運動が行われないためエンジンが停止する。
エンジンマウント エンジンの振動を低減する。 劣化してくるとエンジンの振動が室内まで伝わってくる。
ウォーターポンプ エンジンを冷やすための冷却水を循環させるための装置。 エンジンが適正な温度で保たれないためオーバーヒートする。
ラジエーター エンジンを冷却するための装置。 適切に冷却できなくなるためオーバーヒートしてしまう。
エアコン 夏場などの暑くなった車内を冷やすための装置。曇り止めの役割も果たしている。 エアコンが使えなくなる。
シリンダーガスケット シリンダーブロックとシリンダーヘッドの間に設置している部品。エンジンオイルと冷却水の流入を防ぐためのガスケット。 圧縮抜けによるパワーダウン。エンジンオイル、冷却水漏れによるオーバーヒートの恐れ。
トランスミッション(AT/CVT) エンジン回転数を走行に適した回転数に可変するための変速機。 シフトショックや変速時に滑りが発生する。最悪の場合、動かなくなる。

主な故障部品をご紹介いたしましたが、どれも初心者に交換できるものでもありません。

事前に中古車販売店などに

  • 「すでに交換済であるか?」
  • 「購入時に交換する必要があるか?」
  • 「購入後の交換は可能であるか?それは保証で対応可能か?」

この3点を質問しておきましょう。

もし保証対象外であったり、自社でも整備が不可能であれば避ける方がベターと言えます。

10万キロの中古車を購入する場合は、納車前整備とアフターサービスも含みで検討しましょう。

後ほど安心して10万キロの中古車を購入する方法をご紹介したいと思います。

次に、10万キロ中古車の保証について解説いたします。

10万キロ中古車に保証はある?

  • 「10万キロの中古車だから保証はないんでしょ?」
  • 「保証があれば10万キロの中古車もありかも」

などなど、リスクを考えると当然保証付きの中古車が理想的と考えます。

結論から言うと、10万キロの中古車でも保証付きはあります

詳しい探し方は後ほどご紹介する認定証付き中古車の探し方で解説いたしますが。

品質に自信のある中古車であれば1年間の保証や、走行無制限で保証してくれるケースもありますので、保証の有無が良い中古車と悪い中古車を見極める一つのバロメーターとも言えます。

安いからといって安易に10万キロの中古車に手を出すと、筆者の友人のように購入直後に故障して廃車といったような災難に見舞われる可能性が高くなります。

続いては、10万キロの中古車の価値について解説していきます。

コラム:例外として希少価値のある中古車は10万キロでも値下がりしづらい

ここまでの解説で、10万キロの中古車は割安で売却時の値段も付きづらい(0円の可能性もあり)とご説明してきましたが、希少性の高い車や、海外でも人気のある中古車というのは値段が下がらないことがあります

場合によっては10年、20年してから新車価格より高値で取引されることもあります。

今現在格安で手に入る中古車も、今後の世間の動向によっては大幅に価値が上がる可能性もありますので、宝探しのような楽しみ方も10万キロの中古車にはあります。

参考までに、筆者の友人が乗っていたニッサンのGT-R(R-32型)は、手放さなければ購入価格の倍の値段で現在取引されています。

ここ最近のトレンドとしては、海外で人気のある20年落ちの国産スポーツカーが値上がりを続けていますので、10万キロ越えでも100万円以上が相場となっています。

以下に例外となる10万キロの中古車をご紹介します。

【希少価値のある10万キロ中古車例】

ニッサン/GT-R

多くの中古車が海外に流れてしまい、いまや中古車市場でもなかなかお目に掛かることのできない希少な国産スポーツカーとなってしまいました。

今の時代にはない、シンプルなデザインとトルクフルな走りが魅力的な1台です。

新車価格は500万円前後でしたが、極上中古車は1000万近い値段で取引されているプレミアムカーとなっています。

ホンダ/NSX

元々の販売台数が少ないこともあり、フェラーリよりも希少性が高まっているのがホンダのNSXです。

特に初代のモデルが人気で、これから更に高騰するのではないかと言われています。

最終型のタイプRは海外に人気がありますので、新車価格が1200万円の車も今では2000~3500万円で取引されています。

ホンダ/シビック

海外では2001年公開のワイルドスピードで人気を博したシビックですが、発売から20年以上経った現在でもJDMブームが牽引して高騰し続けています

コンパクトサイズのボディーからは想像できないハイパワーなVTECエンジンが魅力的です。

ホンダの技術の結晶を肌で感じることのできる1台と言えます。

ここからは、リスクの少ない10万キロ中古車の探し方をご紹介したいと思います。

初心者がリスクを抑えるためには中古車提案サービスがおすすめ

  • 「自分一人で10万キロの中古車探しをするのは不安」
  • 「車に詳しくないのでハズレの中古車を買ってしまいそう」
  • 「お手頃価格で状態の良い中古車が欲しい」

といったようなお悩みの方は、目利きの優れたプロが厳選してくれる、中古車の提案サービスがおすすめです。

初心者の方が自己判断で走行距離の多い中古車購入の検討を進めてしまうと、悪質な販売店の場合、売れ残りの粗悪な中古車を勧められたりしてしまいます

筆者も整備士時代に幾度となく中古車の提案をしてきましたが、車のプロの目線で選んだ中古車の方が安心して購入することができます。

提案型サービスであれば販売員と予算や希望条件を事前にヒアリングするため、予算オーバーすることがありません

もちろん、希望する条件がなければ無理して購入する必要もありませんので初心者の方でも安心してご利用することができます。

今回は筆者が是非ともおすすめしたい、提案サービスを3つご紹介いたします。

クルマコネクト

クルマコネクトは中古車業界大手のガリバーが運営する、独自のチャットツールを使用した中古車購入のオンラインサービスです。

最新のAIロボットとアドバイザーが車に関わる悩みを解決してくれる画期的なサービスとなっていますので、チャット感覚で気軽に相談できます。

  • 「忙しくて中古車探しができない」
  • 「すき間時間を利用して中古車探しをしたい」

といった方々におすすめなサービスと言えます。

>クルマコネクトの公式サイトはこちら

ガリバー

中古車販売の最大手であるガリバーは、厳選した良質な中古車を多数扱っております

ガリバーの年間買取り台数は10万台にも及び、1日にすると500台のペースで入庫していることになります。

10万キロの中古車のように走行距離の多い中古車でも選択肢が多いというのが魅力的です。

ガリバーでは、契約後も安心の最長10年の保証サービス(有償)や、返品サービスも行っていますので、アフターサービスにも定評があります

これら手厚いアフターサービスは、圧倒的な入庫数であるからこそ実現する販売形態だといえるでしょう。

>ガリバーの中古車提案サービスはこちら

ズバット車販売

ズバットを利用すれば中古車販売店を1件、1件探し回るような手間が発生しません

希望する条件をズバット車販売Webサイトに入力して送信するだけで車探しができてしまいます。

最短数分で担当者から折り返しのご連絡がきますので、すぐに車が欲しいという方も安心して利用することができます。

毎日入庫する中古車の中から、市場でお目に掛かることのできないお買い得な非公開車両に出会える可能性がありますので、初めての中古車探しの方、格安の中古車をお探しの方にもおすすめです。

>ズバット車販売の公式サイトはこちら

ここからは、ご自身で中古車探しを行いたい方におすすめの中古車選びをご紹介します。

自分で探せる方は高品質な認定証付き中古車を選ぼう

10万キロの中古車という走行距離の多い中古車を探す場合、リスクは最小限に抑えて購入することが鉄則になってきます。

良質な状態の良い中古車を購入するためにも、第三者機関による認定証付きの中古車を選ぶことがハズレのない中古車選びのポイントになってきます。

例えば中古車探しの「カーセンサー」や「グーネット」では、専門の認定鑑定士が1台1台車両チェックを行い、厳しい検査項目をクリアした車両のみに認定証を発行します。

カーセンサーは「オークネット(AIS)」、グーネットは「JAAA(日本自動車鑑定協会)」という外部機関が平等・公平な審査を行っていますので、認定を受けた中古車は信頼のできる優良車両だと言えます。

カーセンサー認定、グー鑑定はどちらも消費者の不安感や不信感を払拭するための鑑定機関ですので、安心や信頼を担保されているといっても過言ではありません。

  • 「相場より安くても程度の良い車に乗りたい」
  • 「適正に評価されている中古車を買いたい」

という方には認定を受けた中古車の購入をおすすめします。

筆者も整備士時代に認定付き中古車の納車に携わったことがありますが、内外装はもちろん、エンジン、足廻り、ブレーキ廻りなどなど、点検が行き届いた良質な中古車でしたので、10万キロの中古車でも安心して乗ることができます。

今回はカーセンサーとグーネットの認定証付き中古車を想定して探し方の例をご紹介します。

カーセンサー

まずは検索したいメーカーを選びましょう。

探したい車種を選択しましょう。

探したい地域を選択します。

走行距離を10万キロに設定して検索します。

この場合は5件ヒットしたことになります。

10万キロの中古車を閲覧することができます。

グーネット

まずはお好きなメーカーを選択しましょう。

気になる車種を選択します。

探したい地域を選択します。

走行距離を10万キロに設定します。

この場合は6件検索することができました。

このように10万キロの中古車を閲覧することができます。

続いては、10万キロの中古車をお得に手放す方法をご紹介します。

10万キロの中古車って売れるの?売却するなら廃車買取りサービスがおすすめ

購入時に安いということは、初めからリセールバリューはかなり低くなることを理解しておく必要があります。

希少価値のある中古車など、余程のことがない限り走行距離が10万キロ以上ともなれば買取価格は0円であることがほとんどです。

むしろ廃車の手数料としてお金を取られることがあります。

  • 「乗り換え時に少しでもお金にしたい」
  • 「無駄な手数料は払いたくない」

という方は、少しでもお得に次の車に乗り換えるために廃車の買取りサービスを活用しましょう。

今回は廃棄買取り実績に定評のある会社を2つご紹介いたします。

カーネクスト

どんな車でも0円以上の買取保証をしていますので、

  • 「年式の古い車」
  • 「走行距離の多い車」
  • 「不動車」

このようにディーラーや中古車販売店で値段が付かないような車でも買い取ってもらえます。

カーネクストでは独自の販売網による輸出やリサイクルによる資源の再利用を行うことで0円以上の買取を実現しています。

更には日本全国引き取り費用無料や、面倒な手続きまで無料で代行してくれますので、初心者の方にも安心してご利用することができます。

>カーネクストの車買取はこちら

廃車.com

故障車や事故車といった訳ありの車でも廃車.comであれば買い取ってくれます

もちろん引き取りも無料で行ってくれることや、必要な書類さえあらかじめ用意しておけば現金での支払いも可能となります。

平成19年の設立から約10万台以上の取引実績がありますので、買取りサービス選びで悩んだ方は廃車.comに相談してみましょう。

>廃車.comはこちら

まとめ

10万キロの中古車を視野に入れれば、今まで予算オーバーで除外していた憧れの車に乗れる可能性が出てきます

急に車が必要になった場合でも格安に購入することができるのが10万キロの中古車の利点でもあります。

ただし、新車から10万キロという大きな節目を迎える走行距離でもありますので、低走行の中古車よりさらに慎重に中古車選びをする必要が出てきます。

見た目では判断することのできない部品の交換やメンテナンス履歴が重要な要素となってきますので、中古車のことを熟知したプロにサポートしてもらうよう心掛けましょう。

  • 「すぐ壊れてしまった」
  • 「メンテナンスの維持費が掛かりすぎる」

などなど、購入後に不満が残らないよう、今回の記事を参考により良い1台を見つけてください。

この記事を書いた人

著者

監修者
moto

編集&ライターのmotoです。
車が大好きで、車いじりが趣味です。
国家資格の自動車整備士も取得し町工場で腕を磨いてきました。
コンクールでも3位に入賞した実績があります。
初心者が難しいのは中古車選びだと思います。
安心・安全・お得な中古車選びができるように確実な情報を発信していきます。
詳細はこちら

-中古車購入

Copyright© 中古車費用・車検費用オフ , 2020 All Rights Reserved.