中古車購入

【整備士は知っている】15万キロの中古車がありな判断基準は2つ!失敗しない車選びの鉄則

投稿日:

格安の中古車を探していると15万キロ走行している車があります。

    • 「中古車で15万キロ走った車はすぐ壊れる?」
    • 「壊れない車の選び方あるの?」
    • 「短い期間なら15万キロ走っていても大丈夫?」

と気になるのではないでしょうか?

筆者は車が大好きで国家資格を取得して整備士となり5,000台以上の車を見てきました。

走行距離が10万キロ、15万キロという車は何百台と整備してきましたが、結局のところはメンテナンスなどの日頃の手入れによるところがあります。

1万キロの中古車でも1回もオイル交換していなければ程度は非常に悪いものとなってしまいます。

つまり15万キロの中古車でも使い方や車両によっては「アリ」です。最高にコストパフォーマンスに優れた中古車を購入することになるでしょう。

一方で、もし失敗すればお得な購入ができないばかりか余分な出費で車両代金以上の金額を支払うことになる可能性があるのです。

この記事では整備士である私の経験から、15万キロ走行した中古車の

  • デメリット(おすすめできな乗り方)
  • 15万キロでも大丈夫な中古車の判断基準
  • 具体的な中古車の選び方

を紹介していきます。

成功すれば最高にお買い得ですが失敗すれば大きな出費となります。

15万キロの中古車を検討している方は絶対に最後まで一読してください。

Contents

15万キロの中古車を選ぶ目的は「安さ」のみ!

15万キロの中古車を購入する一番のメリットは、相場よりはるかに安い販売価格となります。

同じ年式で同一車種の場合、走行距離が多ければ多いほど安くなってきます。

特に高年式の車であれば割安感が大きく、デザインや性能面も古さを感じさせない魅力があります。

車の寿命が「10年、10万キロ」と言われている通り、日本の中古車市場では10万キロを超えると急激に市場価値が下がり、ニーズが下がってきます。

下記の表のように、1万キロと15万キロの同車種と比較すると約170万円の価格差が生まれ、

  • 「とにかく安い中古車が欲しい」
  • 「車にお金を掛けたくない」

という方々には大変お買い得な中古車となるのです。

ただし、15万キロの中古車すべてがおすすめできるかと言うとそうではありません。

後ほど15万キロの中古車を購入する上での注意点を解説いたしますので、参考にしていただければと思います。

【走行距離ごとの相場比較】

年式 走行距離 本体価格 総額
2012年式 1.6万キロ 233.8万キロ 260.2万円
2008年式 5.1万キロ 173万円 187.2万円
2008年式 10万キロ 139万円 155万円
2008年式 15万キロ 69万円 91.3万円

※トヨタのアルファード2008年式~2012年式を対象に比較。
※2019年12月現在のグーネットに掲載している中古車を調査。
※修復歴ありの中古車は除く。

ここからは、15万キロの中古車をおすすめできない方の条件を解説していきます。

15万キロの中古車がおすすめできない人の条件は3つ!

中古車探しをするすべての方に15万キロの中古車をおすすめできる訳ではありません。

どんなに安くても人によっては大きなデメリットになってしまいますので、これから解説する条件に一つでも該当する方は15万キロの中古車は避ける方がベターと言えます。

この3つの条件は、筆者が様々な国内外の車に触れてきた整備士時代の経験談を元にご紹介します。

では早速、一つずつ解説していきます。

長期的に乗る予定がある

1年1万キロのペースで乗る場合、15万キロの中古車を購入してしまうと10年後には25万キロにまで到達してしまいます。

20万キロ越えともなると、日常的に交換しないようなラジエーターやウォーターポンプといった部品まで壊れてきたり、機能面や安全面でも不安がつきまとってきます。

安心して長く乗りたい方からすると、予期せぬ故障やトラブルはなるべく避けて通りたいので、5年以上乗る予定のある方はあらかじめ5万キロ以内の低走行車を選ぶよう心掛けましょう。

15万キロで確認しておきたい交換部品については後ほどご紹介いたします。

軽自動車を検討している方

普通車と比較して構成部品が簡素化されている軽自動車ですので、10万キロあたりから各部のへたりを感じてきます。

15万キロの軽自動車ともなるとエンジン、足廻り、内装のコンディションの良いものを選りすぐる必要が出てきますので、初心者向けとは言えない実情があります。

元々普通車と比べて中古車市場では手頃な値段で軽自動車を購入することができますので、あえて15万キロの中古車を選ぶ必要性はないと言えるでしょう。

輸入車を検討している方

中古車市場でも一際目立つのが走行距離の多い激安輸入車です。

15万キロともなれば新車価格が1,000万円クラスの高級車でも数十万円で手に入ってしまいます。

しかし、高額なメンテナンス費用という大きな落とし穴がありますので、専門店でメンテナンスの行き届いた中古車以外はリスクがかなり大きいと言えるでしょう。

仮に専門店で程度の良い中古車を購入したとしても、その後も割高な部品代や整備代が定期的に発生してきますので、15万キロの輸入車は余程の車好きでない限り手を出してはいけません。

筆者の実体験として、友人が50万円で購入したメルセデスベンツのS600の修理代が80万円という事例があります。

続いては事例を元に15万キロの中古車のリスクをご紹介します。

【コラム】粗悪な15万kmの中古車は即廃車の可能性大!

免許取り立ての学生など、とにかく安さにこだわって中古車探しを進めると、10万、15万キロといった走行距離の多い中古車に巡り合うことが少なくありません。

筆者も学生時代に格安中古車を乗り継いできましたが、安い中古車には安いなりの理由があることに気づかされます。

筆者の周りでも格安中古車、激安中古車で痛い目を見てきた人がたくさんいましたので、実体験を元に15万キロ中古車のリスクをご紹介したいと思います。

事例1:マツダ/RX-7 走行距離/156,000km

筆者の知人を通じてマツダのRX-7を購入したケースをご紹介します。

当時中古車市場でもまだまだ人気のあるスポーツカーでしたので、友達価格の30万円で売りに出すということで状態は二の次で譲り受けることになりました。

特にボディー、エンジンのコンディションが悪く、マツダ独自のロータリーエンジンからはエンジンオイルが常ににじみ出ている状態でした。

元々燃費の良い車ではありませんが、オイル漏れなどの影響も相まって燃費は3km/L前後という驚愕の数値でした。

騙し騙し半年ほど乗ることができましたが、当然修理して車検に通すほどのお金もなかったため、車検のタイミングで廃車にしてしまいました。

事例2:スズキ/ワゴンR 走行距離/151,000km

免許取り立ての友人が個人売で購入したのが、15万キロを超える軽自動車のワゴンRでした。

当時ワゴンRが筆者の周りで流行っていましたので、状態は二の次で購入している方が非常に多かった印象があります。

お金のない学生間で乗り継いでいたこともあり、コンディションは最悪そのものでした。

エンジンオイルもまともに交換されておらず、タイヤもワイヤーが出るほど溝のない状態でした。

当然車検のときにエンジンのオイル漏れ修理やタイヤの交換、ドライブシャフトブーツなど高額な整備費用が掛かるとのことで廃車にしてしまいました。

事例2:ホンダ/インスパイア 走行距離/153,000km

身内周辺を乗り継いできたホンダのインスパイアですが、10万キロを超えても尚、タイミングベルトを交換しないまま15万キロを超えてしまいました。

エンジン不調で持ち込んだ整備工場ではタイミングベルト交換が必須とのことでしたが、タイミングベルトの交換費用と手持ちの予算を勘案して廃車にすることとなりました。

このように廃車という最悪の事態を避けるためにも、次に紹介する走行距離の目安を参考にしてみてください。

おすすめできない人は3万キロ〜5キロが狙い目

  • 「5年以上乗りたい」
  • 「綺麗な車が欲しい」
  • 「故障の少ない中古車を買いたい」

など、中古車探しをする上でこのような条件をお考えの方は3万キロ〜5キロの中古車が狙い目となります。

大切に扱われていた車であれば、内装・外装の状態が新車に近い中古車も多く、価格も手ごろな車種を選択できます。

ただし、走行距離が3万キロ〜5キロであればなんでも良いという訳ではありませんので、この後解説する15万キロの中古車が「あり」な条件を判断基準に中古車探しを進めていきましょう。

整備士目線で判断するポイントは2つになります。

【整備士が教える】15万キロの中古車がありな判断基準は2つ!

年間数百台にも及ぶ車を点検してきた筆者がおすすめする、15万キロの中古車の選び方をご紹介したいと思います。

判断する基準は全部で2つだけですので、初心者の方でもハズレのない中古車選びをすることが可能になります。

中古車市場では人気の少ない多走行車ではありますが、ポイントさえ押さえてしまえば割安に購入できるだけでなく、20万キロを目指すのも夢ではありません。

では実際にどのような点に気を付ければ良いのか?について解説いたします。

条件1:メンテナンスが行き届いている中古車

15万キロという走行距離の多さから、メンテナンスの行き届いている中古車を購入することが大前提になってきます。

例えボディーなどの外観が綺麗だとしても、定期的にエンジンオイルが交換されていなかったりすると大きな故障の原因になります。

ただし、新車で購入されてから15万キロに至るまで、どのように扱われてきたかはプロの目でも判断するのは難しいので、点検整備記録簿にある整備記録で確認しましょう。

点検整備記録簿には車検(24ヶ月点検)を初め、12ヶ月点検での整備内容が細かく記録されています。

初心者の方には見方がよく分からないと思いますが、現車確認の際に販売店に確認することで、丁寧に説明してもらえます。

15万キロという中古車市場では人気の少ない車両ですので、快く対応してくれる場合はより安心して購入することができます。

反対に、点検整備記録簿を出し渋ったり、整備内容を説明してくれない場合はリスクが大きいので絶対に避けましょう。

条件2:修復歴がないこと

15万キロというと1年1万キロとした場合、新車から15年経過していることになります。

コンディションが良かったとしてもその年数分の経年劣化というのはありますので、「修復歴あり」の中古車は初心者にとってリスクとなってしまいます。

昨今のフレーム修正技術と言うのは向上していますが、見た目だけを綺麗にしてフレームを修正しない悪質な板金屋が存在するのも事実です。

綺麗に修復されていない中古車を購入してしまうと真っ直ぐ走行できなかったり、雨漏りしてしまうなどの弊害が生じますので、15万キロの中古車を検討する場合は併せて「修復歴なし」の中古車から選定しましょう。

ここからは、15万キロの中古車を購入する上で知っておきたい、想定される故障というのをご紹介いたします。

15万kmで想定される故障箇所と購入時に行うべきメンテナンス

中古車市場の中でも15万キロという走行距離は多い部類に入りますので、購入後も安心して乗り続けるにはメンテナンス状況と対策を知っておく必要があります。

下記に15万キロ走行した車両で気を付けたい部品をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

初心者の方には馴染みのない専門的な部品ばかりですが、走行距離に応じたメンテナンスが施されていれば安心ですので、後ほどご紹介する15万キロの中古車の選び方も併せてご覧ください。

【故障部品リスト例】

部品名 役割 想定される不具合 交換費用
タイミングベルト エンジンの吸排気のタイミングをコントロールする。 ベルトが切れると燃焼運動が行われないためエンジンが停止する。 3万~5万円
エンジンマウント エンジンの振動を低減する。 劣化してくるとエンジンの振動が室内まで伝わってくる。 3万~5万円
ウォーターポンプ エンジンを冷やすための冷却水を循環させるための装置。 エンジンが適正な温度で保たれないためオーバーヒートする。 2万~3万円
ラジエーター エンジンを冷却するための装置。 適切に冷却できなくなるためオーバーヒートしてしまう。 3万~8万円

より具体的に中古車販売店に質問する場合は、

  • 「走行距離に応じた消耗品が交換済であるか?」
  • 「契約時に交換する必要があるか?」
  • 「納車後に想定される交換部品はあるか?それは保証対象内か?」

といったように踏み込んだ内容を確認しておきましょう。

もしも検討している中古車が保証対象外であったり、上記の表にある部品に不具合がある場合は、トラブルの元となるため購入することは絶対に避けましょう。

続いては、初心者でも安心して15万キロの中古車を購入するポイントをご紹介します。

【初心者でも選べる】安心な中古車の選び方のポイント3つ

ここまでの説明で、

  • 「15万キロの中古車選びは難しい」

とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、ポイントを押さえてしまえばリスクの少ない中古車選びをすることができます。

筆者の友人は後先考えずに15万キロオーバーの激安中古車を購入しましたが、毎月毎月壊れる部品の修理費で高い維持費を支払っていました。

メンテナンス費用が増えてしまっては、いくら安く手に入れたとしても元も子もないので、初心者でも分かりやすいポイントというのをご紹介いたします。

ポイント1:ワンオーナー車

中古車販売店などでよく目にする、「ワンオーナー車」という中古車は、その名の通り、新車購入時から1人のオーナーが所有してきたことを意味します。

1人のオーナーが15万キロに達するまで所有してきたことを意味しますので、定期的なメンテナンスが施され、大事に扱われてきたことが期待できます。

当然、ワンオーナーと言えども定期的なメンテナンス記録が記載されている点検整備記録簿が残っていることが大前提となってきす。

ポイント2:法人の車は狙い目

法人車両はワンオーナーであることがほとんどで、会社名義で所有していた中古車のことを言います。

会社経費で維持している分、個人で所有するよりもきめ細やかなメンテナンスが期待できます。

会社で管理する車は新車購入時からディーラーにメンテナンスを任せているケースが多く、15万キロ走行していても新車と遜色ない状態の中古車もあります。

特に社長や役員の送迎用に使用していた中古車は極上品ともいえる個体で、機関良好であることに加え、内装・外装も新車当時の状態を保っているものが存在します。

ポイント3:保証付きの中古車に絞って安心・安全を手に入れる

15万キロの中古車を安心して購入するためのコツとして、

  • 「中古車販売店独自の保証制度」
  • 「メーカー系の認定証付き中古車」
  • 「中古車検索サイトの認定証付き中古車」

など、保証制度が充実している中古車に絞って探すことが重要です。

15万キロという走行距離の多さを考えると、少なくとも半年以上の無料保証が付帯していることが前提条件になります。

保証があれば万が一の故障でも安心であること、仮に故障が原因で廃車という最悪の事態になってしまったときも保証内容でカバーすることができます。

筆者の知人も10万キロを超えた軽自動車を購入しましたが、1年以内に発生した不具合はすべて無料保証で対応してもらっていました。

どんなに丁寧にメンテナンスをしていても、何が起こるか分からないのが15万キロにも及ぶ距離を走行した車なのです。

保証付き中古車を選んで不測の事態に備えましょう。

続いては、初心者におすすめしたい中古車の探し方をご紹介いたします。

初心者におすすめ!プロが選ぶ中古車提案サービスで安全に購入しよう

低走行車に比べてリスクの多い15万キロの中古車ですので、中古車選びは慎重に行う必要があります。

例えば、

  • 「手ごろな値段だけど15万キロの中古車って大丈夫なの?」
  • 「車に詳しくないので決め手が分からない」
  • 「とにかく安い中古車が欲しい!」

このような悩みを解決してくれるのが、中古車選びのプロである中古車提案サービスなのです。

車の知識がない初心者の方でも、担当者とのヒアリングを通じて予算に応じた車選びを行ってくれます。

当然、不必要な提案はしてきませんし、ご希望に合うまで親身に対応してくれるのが魅力的なサービスです。

粗悪な中古車を販売する中古車販売店も世の中には存在しますので、知名度や販売実績のあるサービスに的を絞ってご紹介していきたいと思います。

クルマコネクト

中古車業界最大手のガリバーが運営しているクルマコネクトは、最新のAIロボットとアドバイザーが依頼者のお悩みを解決してくれる画期的サービスとなっています。

独自のチャットツールを使用して気軽に担当者と相談することができますので、仕事や家事が忙しくて店舗に足を運べない方におすすめな提案サービスです。

>クルマコネクトの提案サービスはこちら

ズバット車販売

ズバット車販売のWebサイトに希望条件を入力すると、最短数分で担当者から折り返しの連絡がきますので、すぐにでも車が欲しいという方に便利なサービスとなっています。

毎日のようの入庫する中古車の中から、ご希望に沿った1台を提案してくれますので、市場ではお目に掛かることのないような非公開車両に出会える可能性があります。

初めて中古車探しをする初心者でも安心してご利用することができますので、まずはWebサイト相談してみましょう。

>ズバット車販売はこちら

ガリバー

豊富な在庫量と中古車販売実績に定評のあるガリバーであれば、ご希望に応じた中古車を探し出すチャンスが飛躍的に上がります。

ガリバーでの年間買取り台数は10万台にも及び、1日に換算すると500台のペースで入庫していることになります。

中古車市場でもさほど多くはない、15万キロの中古車を購入する場合でも選択肢の広さがメリットとなります。

さらにガリバーでは、契約後も安心の最長10年の保証サービス(有償)や、返品サービスも行っていますので、アフターサービスにも定評があります。

これら手厚いアフターサービスは、圧倒的な入庫数であるからこそ実現する販売形態だといえるでしょう。

>ガリバーの中古車提案サービスはこちら

次にご紹介するのは品質に定評のある認定証付き中古車についてです。

自分で探せる方は中古車検索サイトで高品質な認定証付き中古車を選ぼう

15万キロの中古車という走行距離の多い中古車を探す場合、故障などのリスクは最小限に抑えて購入することが鉄則になります。

15万キロでも安心して乗れる中古車を購入するためにも、第三者機関による認定証付きの中古車を選ぶことがハズレのない中古車選びのポイントになってきます。

例えば中古車探しの「カーセンサー」や「グーネット」では、専門の認定鑑定士が1台1台車両チェックを行いますので、厳しい検査項目をクリアした車両のみに認定証を発行します。

カーセンサーは「オークネット(AIS)」、グーネットは「JAAA(日本自動車鑑定協会)」という外部機関が平等・公平な審査を行っていますので、認定を受けた中古車は信頼のできる優良車両だと言えます。

走行距離の多い中古車でも安心して乗れるよう、不安感や不信感を払拭するための鑑定機関ですので、

  • 「安くても安全に乗れる中古車が欲しい」
  • 「保証が充実した中古車を買いたい」

という方には認定を受けた中古車の購入がおすすめです。

今回は高品質中古車に定評のあるカーセンサーとグーネットの認定証付き中古車を想定して探し方の事例をご紹介します。

カーセンサー

中古車を検索するだけでなく、車に関するすべての情報力に定評のある中古車検索サイトです。

初心者の方でも安心して中古車探しができるよう、カーセンサー独自の「カーセンサー認定」といった高品質中古車を簡単に比較・検討しながら中古車探しをすることができます。

中古車探しの先駆け的存在のカーセンサーであれば、お目当ての車もすぐに見つかること間違いなしです。

>カーセンサーでの中古車探しはこちら

グーネット

グーネットは中古車登録台数が豊富で、見やすさ、検索のしやすさに定評のある中古車情報サイトです。

スマホやパソコンなど、インターネットを通じて、いつでも・どこでも簡単に中古車を検索できるサービスです。

「あんしん、まる見え」のID車両であれば、良質な中古車の状態が客観的に判断することができますので、初心者の方でも安心して購入することができます。

>グーネットでの中古車探しはこちら

続いてはプロの目で選ぶ、おすすめな15万キロの中古車をご紹介したいと思います。

【現場目線で選ぶ】整備士がおすすめできる15万km中古車3選

ここまで解説してきたポイントを踏まえ、筆者が自信を持っておすすめできる中古車を3台ご紹介したいと思います。

前オーナーの顔が見えない分、

  • 「メンテナンスが行き届いていること」
  • 「証明する点検整備記録簿が残っていること」
  • 「販売店や第三者機関が厳正に審査していること」

この3点に重点を置いて、グーネットを参考にご紹介します。

おすすめ1:トヨタ/プリウス

「グー認定がないのになぜ?」と思った方がいらっしゃるかと思いますが、こちらのプリウスは販売店独自の12ヵ月・走行無制限の保証付きとなっています。

それだけでなく、法定整備込みとなっていますので、安心して乗り出すことができるのです。

その他にも

  • 「高年式」
  • 「修復歴なし」
  • 「車検付き」

というようにおすすめポイントが目白押しの中古車となっています。

おすすめ2:トヨタ/クラウン

こちらのクラウンのおすすめポイントはグー認定であることに加え、12ヵ月・走行無制限の保証付き、法定整備まで込々価格となっています。

もちろん、

  • 「修復歴なし」
  • 「車検付き」
  • 「禁煙車」

となっていますので、安心して乗り出すことができます。

おすすめ3:トヨタ/ヴェルファイア

人気のヴェルファイアも15万キロなら100万円台前半で購入可能になります。

家族連れには嬉しい、12ヵ月・走行無制限の保証付きに加え、安心の法定整備付きとなります。

品質に自信があるからこその保証内容と言えるでしょう。

「修復歴なし」「車検付き」でこの価格ならまさに買いの中古車と言えます。

まとめ

今まで10万キロ以下の車しか乗ったことがない人からしてみれば、15万キロの中古車は未知の領域かもしれません。

  • 「壊れたらどうしよう」
  • 「結局廃車にしてまた乗り換える手間が増えそう」
  • 「維持費が高くつきそう」

このようなネガティブなイメージがあるのも事実です。

ただし、この悩みは1万キロでも5万キロでも同じで、日々のメンテナンスがしっかりとしているかが購入を決断する上でのカギとなります。

初心者にも安心な提案サービスもありますので、より確実に良質な中古車に巡り合えるようパートナー選びも慎重に行いましょう。

また、15万キロの中古車選びは高額な部品交換が行われているかが重要なポイントになりますので、是非とも今回の記事を参考書代わりとして活用してみてください。

この記事を書いた人

著者

監修者
moto

編集&ライターのmotoです。
車が大好きで、車いじりが趣味です。
国家資格の自動車整備士も取得し町工場で腕を磨いてきました。
コンクールでも3位に入賞した実績があります。
初心者が難しいのは中古車選びだと思います。
安心・安全・お得な中古車選びができるように確実な情報を発信していきます。
詳細はこちら

-中古車購入

Copyright© 中古車費用・車検費用オフ , 2020 All Rights Reserved.