中古車購入

陸送費の相場は約2万~6万円程度!陸送費が無料な中古車探しや節約法を全解説

投稿日:

中古車が近場で購入できないと陸送費が気になるのではないでしょうか?

筆者も中古車を取り扱っていたため

  • 陸送費はいくら?
  • 陸送費の相場はどれくらい?
  • 無料にする方法はない?節約したい。

など、質問を受けることが多かったです。

筆者の経験談としては、いくら相場より安い中古車を他県で見つけたとしても陸送費が掛かってしまうとあまりお得感は得られません。

書類の手続きも郵送で行ったり、現車を何度も見に行くこともできないため、中古車を取り寄せるメリットというのは初心者の方にはあまりないと感じました。

そのため中古車探しは近場に越したことはありません。

一方で

  • 「どうしても欲しい中古車が他県にある」
  • 「家まで安全に運んで欲しい」

という方々もいらっしゃるかと思いますので、今回の記事では陸送費に特化した解説をしていきます。

陸送費の相場はもちろん、陸送費が発生するケースや陸送費が無料になる方法なども紹介していきますのでぜひ一読してください。

陸送費とは?掛かる費用の意味をわかりやすく解説

納車場所によって必要になってくる「陸送」とは、

  • 「遠方から中古車を取り寄せる」
  • 「未登録車両(ナンバーなし)を積載車に乗せて運搬する」
  • 「車両を契約時の良好な状態で納車する」

これらに掛かってくる費用を陸送費と言います。

輸送方法は専用の積載車に乗せて運搬するケースが一般的となりますが、船舶、航空機、鉄道などを使用した場合も陸送費(輸送費)として費用が発生してきます。

購入場所と納車場所が遠い場合は当然必要になってきますが、無傷で納車するという意味では近隣の場合でも希望に応じて陸送をお願いすることが可能です。

契約時には納車費用に陸送費が含まれているのか、別途必要になってくるのか確認しておきましょう。

続いては陸送費の相場についてご説明いたします。

陸送費の相場は約2万~6万円程度!距離に応じて料金は変動する

陸送費は各社運搬方法や車両の種類などで大きく価格が変動してきます。

例えば

  • 「車の大きさ」
  • 「自走の可否」
  • 「運搬方法(陸送、船舶、航空機、鉄道)」
  • 「高級車」

などの要因が考えられますが、今回は一般的なナンバー取得済の乗用車を陸路で積載した場合のケースでご紹介していきたいと思います。

まずは分かりやすく下記に表を掲載しましたのでご覧ください。

【陸送費 例】

輸送距離 陸送費相場 日数
東京⇔東京(県内) 約15,000円 1~2日程度
東京⇔横浜 約20,000円 1~2日程度
東京⇔名古屋 約35,000円 3~4日程度
東京⇔大阪 約40,000円 4~5日程度
東京⇔福岡 約57,000円 5~6日程度

参考:中古車の陸送費はいくら?相場や納車費用との違いを完全解説

上記の陸送費が一般的な陸送費の目安となります。

シンプルに納車場所が遠ければ遠いほど料金も上がってくる仕組みになっています。

余談ですが、近年運送業界のドライバー不足、燃料費高騰の影響から、陸送費の相場も上がってきている現状があります。

参考までに以下のURLをご覧ください。

他にも納車日を日曜・祝日に設定した場合、料金が割り増しになる可能性もありますので、

  • 「輸送距離」
  • 「納車日」

この2つを工夫して陸送費の節約を行いましょう。

また、納車までの日数は目的地まで直行する訳ではなく、中継地点を何度か挟むため時間が掛かります。

日本国内であれば遠方の場合でも一週間程度見込んでおけば到着します

参考:陸送業界のトレンド~料金アップの傾向~ | 格安陸送 素早く陸送 車の輸送は全国対応の格安陸送.com

続いては陸送がどうしても必要になる条件を解説します。

陸送が必要になる条件はこの5つ!

なるべく費用負担を少なく納車を進めたいところですが、どうしても陸送を依頼しなければならないケースがあります。

中古車探しは以下の条件を避けることで、費用負担を軽減することが可能になりますので、参考にしてみてください。

陸送費が発生する条件1:納車場所が遠い

納車場所(購入場所)が遠方の場合は陸送をお願いする必要が出てきます。

その際は距離に応じて料金が変動しますので、遠ければ遠いほど陸送費は高くなります

もちろん、自走での納車も可能ではありますが、移動に数日掛かってしまったり、ガソリン代や高速料金も別途必要になります。

最悪の場合、移動中に事故に巻き込まれる可能性もありますので、陸送業者に依頼する方がベターと言えるでしょう。

陸送費が発生する条件2:未登録車

名義変更の済んでいない車やナンバーが交付されていない車を走らせる訳にもいきませんので、登録が済んでいない未登録車も陸送が必要になってきます。

通常、名義変更を済ませた後に陸送(納車)しますが、取り寄せて現車確認したい場合や、登録が抹消されている中古車を取り寄せるときなどに未登録車を陸送するケースが想定されます。

中古車の取り寄せについては「整備士が教える!中古車取り寄せで失敗する人・成功する人&外せない3つのポイント」で詳しく解説しています。取り寄せのデメリットもありますので検討している方は一度チェックをしておきましょう。

no image
整備士が教える!中古車取り寄せで失敗する人・成功する人&外せない3つのポイント

グーネットやカーセンサーなどで中古車探しをしていると遠方で気になる車が見つかるケースありませんか? 整備士である筆者には 「中古車の取り寄せで失敗はしないのかな?」 「取り寄せにかかる費用はいくら?」 ...

続きを見る

陸送費が発生する条件3:忙しくて引き取りに行けない

仕事が忙しくて車を引き取りに行けない場合や、休日も都合がつかないといったケースでも陸送が必要になってきます。

自宅や職場近くの中古車販売店であれば店頭での納車が可能になりますが、納車場所が遠い場合は自宅まで陸送してもらうことになります。

陸送費が発生する条件4:ローダウン車

車高が低いとバンパーが地面に擦ってしまう可能性がありますので、ローダウンした改造車、外車のスポーツカーのように元々車高が低い車などは自走での納車が難しい車と言えます。

一般的には車高が12~13cmあれば積載車に運び込むことができるラインになりますが、車検ギリギリの9cmともなるとローダウンに対応可能な積載車を選んで依頼する必要がでてきます。

陸送費が発生する条件5:番外編 納車場所が離島

離島のように陸路での納車が無理な場合は、船舶での輸送が別途必要になってきます。

積載車での陸送に加え、船積みの手続きが必要になるため、世間相場よりも陸送費が高くなります

納車までの日数も通常より長くなりますので、すぐに乗りたい場合は近場で中古車探しをすることが賢明と言えます。

次に、陸送費を無料にする方法をご紹介したいと思います。

陸送費を無料にするのは難しい!ただし条件付きで可能な場合も

基本的に無料で陸送をお願いするということは難しいと言えますが、販売店が独自に行っているキャンペーン期間に該当すれば無料で取り寄せることが可能になります。

欲しい中古車が近場にない場合は、中古車検索サイトで「陸送費 無料」などで検索すると簡単に全国の陸送費無料キャンペーン中の中古車を探し出すことができます。

中古車検索サイトでの探し方については後ほど「検索機能が便利!近場で中古車探しをするなら中古車検索サイトがおすすめ」で詳しく紹介します。

他にも、所定の購入条件を満たせば陸送費が半額になったりするキャンペーンもありますので、まずは気になる中古車を売っている販売店に相談してみましょう。

【中古車情報サイトのサービス例】

  • 全国陸送費無料キャンペーン
  • 陸送費用半額サポート
  • 県内の陸送費50%OFF

続いては、陸送費を節約する方法をご紹介します。

陸送費を節約するための方法は全部で3個

中古車探しのコツとして、陸送費を発生させないような探し方を進めていくことが重要です。

  • 「流通量が少ないため、どうしても今欲しい中古車が県外にある」
  • 「希望する条件の車が半年以上、近場で見つからない」

このような場合を除き、基本的には陸送を必要としない距離で中古車探しを行うべきだと考えます。

なぜなら、諸費用を含めた中古車の総支払額とは別に陸送費として用意しなければいけないため、可能であれば捻出したくない出費であるからです。

では実際にどのようにして陸送費を節約すれば良いのか、詳しく解説していきたいと思います。

まずは近場で中古車探しを行う方法です。

検索機能が便利!近場で中古車探しをするなら中古車検索サイトがおすすめ

近場で中古車探しを行うには、エリアを絞って探すことができる中古車検索サイトの活用がおすすめです。

便利な検索機能を使用することで欲しい中古車を効率よく探すことができます。

パソコンはもちろん、スマホ1台あれば24時間いつでも・どこでも中古車の在庫をチェックすることができるのです。

まずは、お手元のスマートフォンやパソコンで

  • 地域」
  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

など、細かな希望する条件をサイト内に入力して検索してみましょう。

仕事や家事が忙しくてなかなか中古車探しができないという方も、すき間時間を利用して気軽に検索してみましょう。

早速ですが、陸送費が無料になっている中古車の探し方をご紹介します。

陸送費が無料の中古車の探し方

中古車検索サイトには必ず知りたいキーワードを入力する検索ボックスがありますので、「陸送費無料」と打ち込むことで全国各地の陸送費無料サービスを行っている中古車販売店が出てきます。

地道に販売店に足を運ぶより断然効率が良いので活用しない手はありません。

まずはカーセンサーの使い方からご紹介をします。

カーセンサー

検索ボックスに「陸送費無料」と入力します。

全国各地の陸送費無料キャンペーン中の中古車を閲覧することができます。

この場合は1,309台検索ヒットしたことになります。

さらにメーカーなど条件を絞り込みたい場合は、希望する条件を入力します。

この場合はホンダ車が10台ヒットしたことになります。

このように陸送費無料キャンペーン中の中古車を探し出すことができるのです。

グーネット

グーネットでもトップページの検索ボックスに「陸送費無料」と入力します。

簡単に全国各地の陸送費無料キャンペーン中の中古車を閲覧することができます。

さらに条件を絞り込む場合は左にある条件絞り込み機能を使います。

お目当てのメーカーに絞って陸送費無料キャンペーン中の中古車を探し出すことができます。

続いては、陸送の手配を自分で行う方法です。

陸送サービスを自分で手配する

陸送サービスは一般ユーザー向けにも対応している業者がありますので、陸送費を節約したい場合はこの後にご紹介するおすすめの陸送サービスを活用しましょう。

陸送業者を選ぶ基準として、費用負担を抑えるために陸送費の安い業者を選ぶのか、少し料金は高くても丁寧な仕事に定評のある業者を選ぶのか、ご自身の求めるもので変わってきます。

筆者が整備士時代に付き合いのあった陸送業者は、ディーラーや中古車販売店、整備工場など様々な店舗に対応していましたので、一般ユーザーが利用するとなると納車までに日数が掛かるというデメリットがありました。

ただし、新車を扱うディーラーの仕事を請け負っていましたので、車の扱いはとても丁寧で納車期間を差し引いても十分すぎるサービスだったと記憶しています。

陸送業者によっては車の輸送だけでなく、名義変更、車庫証明書の取得などの各種手続きを行ってくれるサービスもありますので、初心者の方には手厚いサービスを行ってくれる陸送業者がおすすめになります。

まずは複数の業者に無料の見積もりを作成してもらい、料金とサービス内容の比較検討をしていきましょう。

ここからは筆者がおすすめしたい、陸送業者をご紹介していきます。

グッドアップ

約10万台の輸送実績のあるグッドアップであれば、安心して愛車の陸送を任せることができます。

特徴としては、直接引き取りを行うことや、ヤードへの直接搬入を行うことで、他社よりも陸送費を安く設定した料金プランにあります。

基本的には全国各地どこでも対応可能することができますので、自動車関係者以外の方でも気軽に利用できる便利なサービスとなっています。

>グッドアップの公式サイトはこちら

ゼロ陸送

ゼロ陸送は全国各地に営業所を持つ業界最大手の陸送会社で、主にディーラーや中古車販売店との取引をメインに行っています。

陸送業界では老舗の業者となりますので、自動車業界に精通したきめ細やかなサービスに定評があります。

信用が蓄積された取引実績と、大手という安心感から、もっとも自動車関連事業者から利用されている陸送サービスとなります。

>ゼロ陸送の公式サイトはこちら

格安陸送.com

一般ユーザー向けに特化している格安陸送.comは、業者向けの陸送業者よりも割安に利用することができます。

通常、陸送業者と言えば業者向けサービスがメインなため、一般ユーザーが利用すると割増料金での対応となりますが、格安陸送ドットコムでは名義変更や一時抹消手続きなどもセットで行ってくれます。

陸送依頼や見積もりもホームページから簡単に行えますので、初心者でも安心して利用することができるのです。

>格安陸送.comの公式サイトはこちら

最後に中古車の無料取寄せサービスを活用する方法です。

ガリバーの中古車なら全国一律取り寄せ無料!

中古車販売実績No.1の実力を誇るガリバーは、全国から無料で中古車を取り寄せることができる「ドルフィネット」というサービスも展開しております。

ガリバー独自の画像販売システムである「ドルフィネット」を活用すれば、中古車の外装や内装のキズやへこみなどを画像で判断することができるのです。

キズの程度はもとより、車両全体の情報を開示しておりますので、安心して車選びを進めることができます。

ガリバーでは毎日500台にも及ぶ入庫車両があるため、中古車探しにこだわりの条件がある方にもおすすめしたいサービスとなっております。

なお、既定の条件をクリアしていれば納車前にキャンセルすることもできますので、欲しい中古車が変わってしまったときなどにも便利なサービスとなっています。

【購入キャンセルの条件】

契約日当日、翌日 無償キャンセル
翌々日~納車日 ※実費を支払うことでキャンセル可能
納車日~ キャンセル不可

>ガリバーの中古車はこちら

まとめ

中古車探しをしていると、必ずしも欲しい中古車が近場にあるとは限りません。

気になる中古車に限って何県もまたいだ遠方の販売店に置いてあるというのはよくある話です。

自分で引き取りに行けない距離ともなると、購入費用の他に陸送費が掛かってきてしまいます

筆者の周りでも誰にも相談せず、後先考えずに遠方の販売店で中古車を購入したのですが、

  • 「陸送費が高くて結果的に相場より高い買い物になってしまった」
  • 「予算オーバーで生活を圧迫してしまった」

という残念な結果になっていました。

これから中古車探しを行う方々が同じ目に遭わないよう、陸送費が別途必要になるのか、無料で対応可能なのかどうかを予め確認しながら中古車探しを進めていきましょう

自動車業界に長年勤めてきた筆者としては、中古車探しは自分自身が納得した上で購入して欲しいという思いがあります。

後味の悪い買い物にならないためにも、今回の記事が皆さんの中古車探しの後押しになれば幸いです。

この記事を書いた人

著者

監修者
moto

編集&ライターのmotoです。
車が大好きで、車いじりが趣味です。
国家資格の自動車整備士も取得し町工場で腕を磨いてきました。
コンクールでも3位に入賞した実績があります。
初心者が難しいのは中古車選びだと思います。
安心・安全・お得な中古車選びができるように確実な情報を発信していきます。
詳細はこちら

-中古車購入

Copyright© 中古車費用・車検費用オフ , 2020 All Rights Reserved.